03-6809-0696 info@sm-l.jp
〒153-0042 目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F

NEWS最新情報
  • 作り手
  • カテゴリー
  • アーカイブ

2018.10.23 Tue

再入荷 石川硝子工藝舎 石川昌浩

人気硝子の石川硝子工藝舎から、欠品しておりました商品が届きました!

シンプルですが光が当たると硝子の柄模様がとても綺麗です。

ギフト使用にいかがでしょうか。

 

 〜面取鉢(左から小・中・大)〜

 

 

 

 〜網目コップ(右)〜                  〜網目ワイングラス(左)〜

 

 

 

 〜網目丸壷(小)〜

 

25日まで常設となります。

ご来店お待ちしております。

 

 

 

 

2018.10.20 Sat

新入荷 河原崎貴のフライパン

今年の6月に行われた阪急うめだ本店の催事「民藝と暮らす2018」にて

大好評いただいた、河原崎貴さんの鉄のフライパンと中華鍋。

 

ついに本日、SML店舗にも初入荷いたしました!

お問い合わせくださっていた皆さま、お待たせいたしました。

 

長野県伊那市に工房を構え、鉄の製品を作る河原崎さん。

スタッフやお弟子さんはおらず、すべての工程を一人で行っています。

 

河原崎さんの作り方は、「鍛造」。

鉄を熱することで柔らかくし、その間にカンカンと叩いて形を作ります。

熱して真っ赤な状態になった鉄。

何度も叩き、形を整えます。

また、叩くことで鉄がギュッと緻密になるので、頑丈さが増します。

経験や感覚を研ぎ澄まし、一つ一つに向き合います。

このあと、取っ手の部分をつけてフライパンの形に。

こうして出来上がったフライパン。

鍋肌がとてもかっこいい。

鍛造だからこそ出来る、この薄さ。

「思ってたより軽い!」と催事でも驚かれるお客さんが沢山おられましたが

これも手作業ならではの良さなのです。

河原崎さんのトレードマーク、輪っか状の取っ手。

キッチンで、吊り下げて収納も可能です。

手に持ってみるとこんな感じ。

とにかく「焼く」「炒める」が美味しい、鉄のフライパン。

オーソドックスですが、まずは目玉焼きを作ってみてほしいです。

はっとするほど、美味しく焼けます。

今回、サイズは3つ。

小:直径22cm、底径16cm …焼き野菜やトーストを焼くのに便利なサイズ

中:直径25cm、底径18cm …ステーキ肉やオムライスを焼けるサイズ

大:直径28cm、底径20cm …具沢山な焼きそばも安心なサイズ

※おおよそのサイズです。個体差があります

 

続いて、

中華鍋。

こちらは、深さがしっかりあります。

麻婆豆腐や、ソース多めのパスタなど、汁気のあるものにも大活躍。

こちらも3サイズ。

小24cm、中26cm、大29cmとなります。

 

 

さらに、

前回の入荷時には、たくさんお問い合わせをいただきました。

鉄の皿立て。

とてもシンプルで、お皿の雰囲気を邪魔せず、すらっと格好いい。

こちらも3サイズのご用意です。

(背面の鉄の高さ) 小20cm、中25cm、大30cm

サイズ感や重量など、ぜひ店頭で手にとってお確かめください。

10/25(木)までの常設期間中、店頭に並べております。

2018.10.20 Sat

新商品 ふじわら

今回の商品は、SMLでは初めてご紹介する 

あたらしい日常料理” ふじわら fujiwara   のびん詰め調味料です。

 

日常がどんどん変わりつつありますが、食事はおいしいものが食べたい!

そんな毎日の食事作りの「きも」をお伝えする日常料理教室を行いながら

2013年に独立され食事をよりおいしく、

食事作りを簡単にと【ふじわらのおいしいびん詰め】を

開発製造された藤原奈緒さんから、万能な調味料が届きました。

 

•カレーのもと

原材料の半分近くが生姜で作り上げ、蓋を開けた瞬間生姜の香りが充満し食欲をそそります。

和風出汁にプラスしカレーうどんに、蒸した野菜のディップなど

いろいろなバリエーションで楽しめます。

 

 

•おいしい唐辛子

商品名でわかるとおり、唐辛子を使用。

お味噌汁へ加えたり、麻婆茄子にはもちろんのこと、

油淋鶏にピリッと一手間…とてもパンチが出てさらに美味しく召し上げれます。

 

 

素敵な食卓をぜひ。

 

【店舗紹介】

〜あたらしい日常料理 ふじわら〜

JR中央線東小金井駅高架下 北口を右に出て徒歩1分

ランチ:11:30〜14:30

ディナー:18:00〜22:00

定休日:火・水・木曜日

〒184-0002

東京都小金井市梶野町5-10-58 コミュニティステーション東小金井

atelier tempo内

tel:042-316-5613

http://nichijyoryori.com

                                                             店主 藤原奈緒さん 

 

2018.10.05 Fri

【咖喱と古民藝】今年の古民藝は・・・

明日からスタートする、
「咖喱と古民藝」。

こちらのページでは、
松江「objects」店主 佐々木創さんが蒐集(あつ)めた
スパイスの効いた古民藝の数々をご紹介!
もちろん、どれもご購入いただけます。

まずは作家モノから。

▼河井寛次郎 呉須灰具(共箱)
こちらは、箱書きも本人によるものです。

▼船木道忠 湯呑 押紋

▼船木研兒 鹿絵鉢

▼船木研兒 鉄鉛釉藁描角皿

▼船木研兒 淡黄釉藁描皿

▼船木研兒 鉛釉蓋物、鉄釉耳付鉢

▼船木研兒 陶板

▼船木倭帆 栓付瓶

▼上田恒次 赤画笹紋小鉢

▼金城次郎 抱瓶

▼武内晴二郎 灰釉耳付鉢(共箱)

▼武内晴二郎 飴釉押紋鉢

▼武内晴二郎 飴釉押紋鉢(共箱)

▼バーナード・リーチ 櫛描鳥文青磁皿


続いて、各地の民窯などから集められた品々を。

▼湯町窯 切立皿押紋

▼丹波 イッチン壷

▼馬の目皿

▼出西窯 酒器セット

▼木彫 大黒像、恵比寿像 他

▼染付

▼嘉瓶、渡名喜瓶、喜阿弥焼 花入、徳利(壺屋)

▼出西窯 縁付皿押紋9寸

▼出西窯 紅茶碗皿 昭和40年代

▼布志名 ぼてぼて茶碗、山陰 碗

▼八幡窯 ぼてぼて茶碗

▼牛ノ戸焼 掛分尺皿

▼瓶

▼隅田川焼 鳥文皿

▼おろし皿

▼唐津 種壷

▼硝子徳利、硝子コップ

▼レッドウェア皿

▼リーチポタリー ジョッキ、マグカップ

・・・と、まずはここまで。
200点以上の古民藝がぎゅうぎゅうに集まりました!



どうぞお楽しみに。

「咖喱と古民藝」

10/6(土)〜10/14(日)
12:00-20:00 ※土日祝11:00-

●2018年参加作家●
大沼道行
河井一喜
齊藤十郎
杉田貴亮
袖師窯
田村窯
登川均
白磁工房 石飛勲
前野直史
松本かおる
平岩愛子
菊地流架
大久保ハウス木工舎
松﨑修
objects 佐々木創(古民藝)

<作家在郎日>
10/6(土)松本かおる、平岩愛子、松﨑修、objects 佐々木創
10/7(日)平岩愛子、objects 佐々木創

<イベント>
今年も、会期中の土日祝はカレー食堂がオープンいたします

「松江咖喱食堂」
10/6(土)、7(日)、8(月祝)12:00-19:00
家庭料理文化が根付くスリランカの、味の変化を楽しむカレー。
ごはんの上に数種類のお惣菜を盛りつけ、混ぜながら召し上がっていただきます。
島根より初登場の料理家・太田夏来さんによる、海外版民藝カレーとも呼べる一品。

「民藝咖喱食堂」
10/13(土)、14(日)12:00-19:00
民藝運動の中心人物である柳宗悦の夫人の柳兼子が、バーナード・リーチの助言をもとに作ったという
「白樺派カレー」を、フードスタイリストの中山暢子さんがオリジナルレシピで再現。
毎年定番となっている、大好評のカレーです。

※カレーがなくなり次第終了いたします

<連動企画>
島根県・松江から、最強チームがやってくる!

「松江横丁で待っちょうちぇけらっちょう」
10/10(水)、11(木)
18:00-22:30(L.O. 22:00)
@ちんぷん館 TOKYO(江東区清澄2-5-3)

2夜限定スナック。
1日目は旭日酒造が主役の日本酒Day、2日目はヴァンナチュール&日本ワインDay。
島根の食材をふんだんに使った料理と、クラフトビールやコーヒー、
そして「objects」による酒器の販売もございます。
※当イベントは、両日とも二部制となります。

【一部】18:00-20:00 「谷屋 東京支店」 ※要予約 ¥6,500
松江の名店「小料理 谷屋」が、この日限りのスペシャルなコース料理をお出しします。
詳細・お申込は、 YUTTE:0852-67-5492/hello@yutte.com まで
【二部】20:00-22:30 スナック ※予約不要
島根自慢の美味しいつまみと、日替わりセレクトのお酒。
どなたでもふらりとお気軽にお越しください。

FOOD:小料理 谷屋 / 太田夏来
DRINK:+旭日・旭日酒造(日本酒) / 大野明日香(ワイン) / YUTTE(地ビール)
COFFEE:IMAGINE.COFFEE
CRAFT:objects / 袖師窯

リピーターのお客さまも多い「咖喱と古民藝」。
今年はイベント盛り沢山でさらにパワーアップして企画しております。ぜひ遊びにお越し下さい。

2018.10.05 Fri

明日からスタート!咖喱と古民藝 2018

いよいよ明日から始まります!
秋の恒例企画。

「咖喱と古民藝」

10/6(土)〜10/14(日)
12:00-20:00 ※土日祝11:00-

咖喱にまつわる全国各地の作り手が手がけた
カレー皿/グラス/スプーンの販売と、
松江「objects」店主 佐々木創さんが蒐集(あつ)めた
スパイスの効いた古民藝をお楽しみいただけます。

今年は、陶磁器×10、吹き硝子×1、カトラリー×3 の計14組+古民藝という、
かなりのボリュームになりました。

まずは陶磁器からご紹介。
作り手さんには、カレー皿・サラダボウル・お漬物皿を中心に届けてもらいました。
色や素材、技法はさまざま。家でのカレーの食卓を思い浮かべながら選んでくださいね。
今回、SML初登場の作り手さんもいますよ。

恒例の企画ですが、はじめての方にはもちろん、
スタッフにとっても、きっと常連さんにとっても新鮮に感じていただける内容になったかと思います!

▼大沼道行 (岩手)

▼河井一喜(滋賀)

▼齊藤十郎(静岡)

▼杉田貴亮(福岡)

▼袖師窯(島根)

▼田村窯(沖縄)

▼登川均(沖縄)

▼白磁工房 石飛勲(島根)

▼前野直史(京都)

▼松本かおる(石川)

続いて、吹き硝子。
今回、上品なラムネ色のような「浅葱」、限定色の「グレー」を中心に届けてくださいました。

▼平岩愛子(東京)

そして、カトラリーは以下の3組。
▼菊地流架(岡山/素材:真鍮)

▼大久保ハウス木工舎(長野/木工・漆)

▼松﨑修(栃木/漆工)

その他、お米農家やまざきさの無農薬米「ひなたの粒」や、
あたらしい日常料理 ふじわら の「おいしい唐辛子」「カレーのもと」も販売いたします。

ーー
と、まずはここまで!
古民藝は次の記事にてご紹介しますね。

「咖喱と古民藝」

10/6(土)〜10/14(日)
12:00-20:00 ※土日祝11:00-

●2018年参加作家●
大沼道行
河井一喜
齊藤十郎
杉田貴亮
袖師窯
田村窯
登川均
白磁工房 石飛勲
前野直史
松本かおる
平岩愛子
菊地流架
大久保ハウス木工舎
松﨑修
objects 佐々木創(古民藝)

<作家在郎日>
10/6(土)松本かおる、平岩愛子、松﨑修、objects 佐々木創
10/7(日)平岩愛子、objects 佐々木創

<イベント>
今年も、会期中の土日祝はカレー食堂がオープンいたします

「松江咖喱食堂」
10/6(土)、7(日)、8(月祝)12:00-19:00
家庭料理文化が根付くスリランカの、味の変化を楽しむカレー。
ごはんの上に数種類のお惣菜を盛りつけ、混ぜながら召し上がっていただきます。
島根より初登場の料理家・太田夏来さんによる、海外版民藝カレーとも呼べる一品。

「民藝咖喱食堂」
10/13(土)、14(日)12:00-19:00
民藝運動の中心人物である柳宗悦の夫人の柳兼子が、バーナード・リーチの助言をもとに作ったという
「白樺派カレー」を、フードスタイリストの中山暢子さんがオリジナルレシピで再現。
毎年定番となっている、大好評のカレーです。

※カレーがなくなり次第終了いたします

<連動企画>
島根県・松江から、最強チームがやってくる!

「松江横丁で待っちょうちぇけらっちょう」
10/10(水)、11(木)
18:00-22:30(L.O. 22:00)
@ちんぷん館 TOKYO(江東区清澄2-5-3)

2夜限定スナック。
1日目は旭日酒造が主役の日本酒Day、2日目はヴァンナチュール&日本ワインDay。
島根の食材をふんだんに使った料理と、クラフトビールやコーヒー、
そして「objects」による酒器の販売もございます。
※当イベントは、両日とも二部制となります。

【一部】18:00-20:00 「谷屋 東京支店」 ※要予約 ¥6,500
松江の名店「小料理 谷屋」が、この日限りのスペシャルなコース料理をお出しします。
詳細・お申込は、 YUTTE:0852-67-5492/hello@yutte.com まで
【二部】20:00-22:30 スナック ※予約不要
島根自慢の美味しいつまみと、日替わりセレクトのお酒。
どなたでもふらりとお気軽にお越しください。

FOOD:小料理 谷屋 / 太田夏来
DRINK:+旭日・旭日酒造(日本酒) / 大野明日香(ワイン) / YUTTE(地ビール)
COFFEE:IMAGINE.COFFEE
CRAFT:objects / 袖師窯

リピーターのお客さまも多い「咖喱と古民藝」。
今年はイベント盛り沢山でさらにパワーアップして企画しております。ぜひ遊びにお越し下さい。

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 187