03-6809-0696 info@sm-l.jp
〒153-0042 目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F

NEWS最新情報
  • 作り手
  • カテゴリー
  • アーカイブ

2015.08.20 Thu

8/ 29(土)~ 9/6(日)「咖喱と古民藝」

curry_2015_banner

今年もこの企画がやってきました!今年でなんと4年目!
8/ 29(土)~ 9/6(日)「咖喱と古民藝」
心躍る新作カレー皿と、カレーに纏わるあれこれ、
そして「objects」の店主 佐々木創さんが蒐集めた、珠玉の古民藝が豊富に届きます。
会期中は、オープニングパーティーや、カレーが食べれるイベントなど盛りだくさんですよ!
作り手の方々や佐々木さんの在廊もございます。
どうぞご期待下さい。

参加窯・作家(五十音順)

大沼道行/岩手
岡田崇人/栃木
岡本ゆう/神奈川
河井一喜/滋賀
齊藤十郎/静岡
田村窯/沖縄
七尾佳洋/北海道
前野直史/京都

平岩愛子(硝子)/東京
菊地流架(金工)/岡山
大久保公太郎(木工)/長野
松﨑修(木工)/栃木

objects(古民藝)/島根

 
 

作家在廊日

8/ 29(土)岡田崇人、岡本ゆう、河井一喜、平岩愛子、松﨑修、「objects」佐々木創
8/ 30(日)河井一喜、「objects」佐々木創
9/6(日)岡本ゆう、齊藤十郎、平岩愛子

オープニングパーティー(無料)
8/ 29(土)17:00~
フードスタイリストの中山暢子さんによるお料理とお酒を、作り手と共にお楽しみください。


「民藝咖食堂」8/ 30(日) 12:00~19:00
民藝運動の中心人物である柳宗悦の夫人の柳兼子が、バーナード・リーチの助言をもとに作られたという「白樺派カレー」をオリジナルレシピで、

フードスタイリストの中山暢子さんに今年も再現していただきます。
毎年人気の伝説のカレーを民藝のうつわでお楽しみください。



「中目黒咖哩食堂
9/5(土)、9/6(日)12:00~19:00
カレー通を唸らせると評判の中目黒「café RED BOOK」に、今年も垂涎のカレーを作っていただきます。

 
中目黒SML
東京都目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル 1F
12:00~20:00   土日祝は11時 開店になります。
東京メトロ日比谷線・東急東横線 中目黒駅より徒歩7分
03-6809-0696
www.sm-l.jp

2015.06.17 Wed

前野直史さん、福田るいさんのうつわ入荷!

遅くなりました。
昨日ご紹介できなかった新入荷のお知らせです!
前野直史さんからは、SMLでは多分初入荷となる掛分シリーズがメインです。
灰と黒、質感の違うふたつの釉薬の掛分にグッときます。
スリップウェアや藁灰釉のうつわもほんの少しですが入荷しています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

掛分は写真の角皿や小皿のほかに、大きめは八角、7寸平皿などもございます。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

貫入がなんとも美しい7寸の浅鉢は、5寸も届いています。 こちらはぜひ店頭でご覧いただきたいです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回スリップウェアは少なめですが、こんな表情のものが届いています。ハッとしますね!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スリップウェアの湯呑は何ともいえない丸みを帯びたかたち。父の日にいかがでしょうか?


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは前野さんの元で作陶されている「みっちゃん」こと太居光子さんが作ったおろし皿です。生姜をおろすのに良さそうですね。ぜひ使ってみたいです。


 
小代瑞穂窯 福田るいさんはカップ類中心の入荷です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中を覗くと吸い込まれそうな釉薬の流れ、絶妙な色合いはどれも一点ものです。こちらはぐい呑。


IMG_0625

定番の鎬カップは小さめの湯呑サイズです。


IMG_0624

縁皿は入荷数が非常に少ないので、気になる方お早めに!


IMG_0620

使い易そうな線紋小鉢の白はすでに旅立っております。


 
今週末は父の日ですね。
6/25(木)まではいろいろなうつわが店頭に並んでいますので、ギフトを探しにぜひお立ち寄りください。
そして、次回の展示は 6/27(土)〜7/5(日) 「 星耕硝子  伊藤嘉輝の仕事 」が始まります。
伊藤さんの個展になりますので、店内はすべて涼しげなガラスでいっぱいになります。
こちらもどうぞお楽しみに!

2015.04.24 Fri

いよいよ明日から! 4/25(土)~5/10(日) 「GSW – Golden SlipWare 2015 -」

いよいよ明日から、
4/25(土)~5/10(日) 「GSW – Golden SlipWare 2015 -」はじまります!

現代スリップウェアの祭典「GSW -Golden SlipWare」
これまで、スリップウェアの裾野を広げること、
技法の多様性を楽しんでいただくことを主眼に開催して参りました。
5年目を迎える今年のテーマは「原点回帰」。
スリップウェアを主軸に仕事をする12組の作り手と共に、
多くの人を魅了して止まないその理由を改めて探りたいと思います。
共通アイテムとして、定番模様である「縞模様」や、「矢羽根模様」の大皿が届きます。
どうぞご期待下さい。
■参加作家■
井上尚之
小島鉄平
齊藤十郎
十場天伸
中川紀夫
前野直史
山口和声
山田洋次
岩井窯
山根窯
湯町窯
Andrew McGarva
 
今回も、展示が終わるか非常に不安になる位(笑)、
間違いなく、質量ともに日本一スリップウェアが集まっていますよ!
では展示の様子をどうぞご覧ください!
IMG_0007IMG_0008IMG_9953IMG_9976店内ぎゅうぎゅうにスリップウェアがひしめいております。
出し切れていないものも沢山!
IMG_9979IMG_9977IMG_9946IMG_9947そして今回は、作り手のみなさんに尺皿以上で、スタンダードな模様のスリップをお願いしましたので、
圧巻の大皿も沢山ございますよ!
 
では作り手ごとにご覧ください。
IMG_9931IMG_9938IMG_9944井上尚之さん

IMG_9924IMG_9996IMG_9925小島鉄平さん
IMG_9941IMG_9942齊藤十郎さん
IMG_9912IMG_9982IMG_9980IMG_9917十場天伸さん
IMG_9930IMG_9929中川紀夫さん
IMG_9932IMG_9986IMG_9991前野直史さん
IMG_9921IMG_9922IMG_9923山口和声さん
IMG_9967IMG_9970IMG_0002山田洋次さん
 
IMG_9960IMG_9961IMG_9955岩井窯
IMG_9958IMG_9954IMG_9957湯町窯
IMG_9969IMG_0006Andrew McGarva(下の写真のピッチャーは井上尚之さんです。)
 
そして会期中は作り手の方が多数在廊されますよ!
明日の初日はオープニングスリップウェアパーティーもございます。
ご予約不要ですので、どうぞお気軽にお越し下さい。
今回は、会費制ですがいつもよりお料理や、お酒も盛りだくさんご用意してお待ちしております。
作り手のみなさんと楽しい時間をお過ごしください。

■作家在廊日■
4/25(土)小島鉄平、十場天伸、前野直史、山口和声、山田洋次
4/26(日)山口和声
4/29(水・祝)中川紀夫
5/3(日)齊藤十郎、山口和声、山田洋次
5/4(月・祝)齊藤十郎
5/5(火・祝)齊藤十郎

 
■オープニングスリップウェアパーティー■
20140426_0055-570x380
(写真は去年の映像です。)
4/25(土)17:00~
参加費¥2000(事前予約不要)
料理家のminokamo(長尾明子さん)によるお料理とお酒を、スリップ作家の方々と共にお楽しみください。
■スリップ酒場■
5/3(日)17:00~21:00 女将minokamo(長尾明子)
SMLに今年もスリップ酒場がOPEN致します。
美味しいお酒とおつまみをご用意してお待ちしております。
スリップウェアを肴に春の夜をお楽しみください。

2014.09.06 Sat

いよいよ今日から!9/6(土)~9/16(火)「咖喱と古民藝」

ブログのUP遅くなってしまい申し訳ございません!
いよいよ本日から!今年で3回目となる人気企画
「咖喱と古民藝」始まります!
12組の作り手によるワクワクのカレー皿やコップやスプーンなど、
そしてobjectsなどからも、垂涎の古民藝がなんと100点以上届きましたよ~!
●●参加窯・作家(五十音順)●●
大沼道行(岩手)
後藤竜太(栃木)
齊藤十郎(静岡)
佐々木康弘(栃木)
鈴木稔(栃木)
袖師窯(島根)
前野直史(京都)
杉本義訓(鳥取・牧谷窯)
松田米司 (沖縄・北窯)
太田潤(硝子)(福岡)
菊地流架(金工)(岡山)
松崎修 (木工)(栃木)
objects(古民藝)(島根)
大沼道行さん(岩手)今年2回目の参加です。去年とはまた違う形を送ってくださいました。
後藤竜太さん(栃木)「咖喱と古民藝」初参加。常設でも人気の海鼠釉のうつわが多めです。

齊藤十郎さん(静岡) 「咖喱と古民藝」常連の十郎さん。今年の新作!掛分!人気のスリップも!

佐々木康弘さん(栃木) 「咖喱と古民藝」は初参加!新作を届けてくださいました!箸置きも素敵!

杉本義訓さん(鳥取・牧谷窯)今年も数は少なめ….ですので、気になったかたはお早めに!

鈴木稔さん(栃木)  意外と!?「咖喱と古民藝」初参加です。9/7(日)は在廊もしてくださいます!

袖師窯(島根)は人気の二彩シリーズ。薬味皿もかわいい!
スプーンは松崎修さん(木工・栃木) 松崎さんは9/13(土)にいらっしゃる予定です!
スプーン以外にも小皿などもご覧になれます。
前野直史さん(京都)「咖喱と古民藝」毎年出ていただいている前野さん。本日、初日在廊予定です。
写真には出ておりませんがスリップウェアも沢山でてますよ!
松田米司さん (沖縄・北窯) 赤絵も少なめですがでてますよ!
太田潤さん(硝子・福岡)「咖喱と古民藝」初参加!定番のたるグラスなど!
菊地流架さん(金工・岡山)カレーと言えば、菊地さんの真鍮のスプーンも外せません!
そして今回も
島根の「objects」からは古民藝が111点届きました!写真には出ていない大皿や河井寛次郎、濱田庄司、武内晴二郎の作品なども。
そしてobjectsから以外の古民藝も少し出ています。
 どうぞ、その目で見て、触れてください。
作家在廊日
9/6(土) 前野直史
9/7(日)鈴木稔
9/13(土) 松崎修
9/6(土) 、9/7(日)の2日間は、
今回も古民藝でお世話になりました島根のobjectsの佐々木創さんが在廊されますよ!
古民藝についてや、それぞれの品にまつわるストーリーなど色々きいてください!
 
「民藝咖喱食堂」
9/6(土)・9/7(日) 12:00~19:00
民藝運動の中心人物である柳宗悦の夫人の柳兼子が、バーナード・リーチの助言をもとに作られたという「白樺派カレー」をオリジナルレシピで、フードスタイリストの中山暢子さんに去年にひき続き再現していただきます。
伝説のカレーを民藝のうつわでお楽しみください。
「中目黒咖哩食堂」
9/13(土)・9/14(日) 12:00~19:00
カレー通を唸らせると評判の中目黒「café RED BOOK」に、今年も垂涎のカレーを作っていただきます。
参加の作り手のうつわでお楽しみください。
 
中目黒SML
東京都目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル 1F
12:00~20:00
土日祝は11時 開店になります。
東京メトロ日比谷線・東急東横線 中目黒駅より徒歩7分
03-6809-0696
www.sm-l.jp

2014.05.19 Mon

「SLIP TRIP – 旅するスリップウェア|GSW2014巡回展」@ shop+spaceひめくり

5/17(土)~5/27(火)「SLIP TRIP – 旅するスリップウェア|GSW2014巡回展」@ shop+spaceひめくり
スタートしております。
前日の16日から伺って、展示の設営からお手伝いに。
(写真が携帯電話で撮ったものなので画像がいまいいちですがご覧下さい。) 川の反対側からみたお店。(真ん中のえんじ色の屋根の建物。)
本当に環境の良いところにありますよね。水も透明で綺麗でした。
シーズンには鮭が遡上 するのも見えるとか!! 設営前の様子。送ったダンボールが店頭にどーーーーんと鎮座しております。
ここから開梱、検品、ディスプレイとをスタッフのみなさんと一気に!
そしてこの日の昼間ひめくりで金継ぎワークショップをされていた漆作家の田代淳さんにもお手伝いいただきましたっっ
ありがとうございます。
心の中でひっそりと出し切れるか不安を抱えながらも
(300点とお願いされたところを500点程送ってしまったものでっっ)
無事店頭に全てディスプレイいたしました!
(写真は設営時のものですので、売れてしまっているものもございます。ご了承ください。)
 
どどどーんと迫力の前野直史さん(左)と齊藤十郎さん(右)のスリップウェアがお出迎え。
 
こちらは山田洋次さん(左)と山口和声さん(右)
山田さんは立ちもの系も多くでています。山口さんの白いスリップは茶色いスリップが多い中で新鮮ですよね。
十場天伸さん。耐熱シリーズにはみなさん興味津々でした。

小島鉄平さん。(上の飾り棚はミックスしています。)
小島さんはひめくりさんでも既に取扱いがあるそうですが、今回の新しいラインは新鮮ですよね。
 
中川紀夫さんのチョコレートみたいで美味しそうなスリップもたくさんあります。

上二段は今回唯一の女性の作り手である石橋紀子さん。下二段は庄司宣夫さん。
お二人とも骨太な雰囲気。

Andrew McGarvaもご覧頂けますよ!

山根窯と、前野直史さんの「くるくる」
「ひめくり」の看板スリップも齊藤十郎さんが作ってくださいました!
 
 

スリップウェアの教科書?「最高に美しいうつわ」も販売しております。
 
初日は良い天気に恵まれ沢山のお客様においでいただきました。
スリップウェアって?というお客様から、こんなに沢山のスリップウェアはじめて見た!というお客様まで、この機会を楽しんでいただいているのが伝わってきて、持ってきてよかったなぁとしみじみおもいました。
盛岡初上陸の作家さんも殆どなので、そういった意味でも新鮮な展示だと思います。
 
そして初日は久保田健司さんが在廊とともに、前日焼き上がったばかりのスリップウェアをスーツケースに詰めて益子から持ってきてくださいました!かなり重かったとのこと。ありがとうございました。

さて会期は5/27(火)まで!この機会をぜひともお見逃し無きよう!
ひめくりのブログでも展示の様子をUPしていただいてます。是非そちらもご覧下さい。
http://himekurimorioka.blog76.fc2.com/ 
 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10