03-6809-0696 info@sm-l.jp
〒153-0042 目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F

NEWS最新情報
  • 作り手
  • カテゴリー
  • アーカイブ

2012.05.08 Tue

「go! go! slipware」トークショー! 其の弐。

この前のつづき。
それぞれの方の自己紹介が終わり、
前野直史さんが他の作家の方への質問という形で座談会がスタート!
そして、スペシャルゲスト!十場天伸さんの登場!
この日の為に仕事を終わらせ、神戸から駆けつけてくださいました!
皆さんがスリップウェアーを作り始めたきっかけや、
はたまたスリップウェアーとは「民藝」なのか、という話題にも話は流れ、
かなり白熱した展開になりました。
この熱気伝わりますでしょうか!
お客様も一語一句聞き逃すまい!といったご様子で真剣に聞き入っておりました。
スリップ ウェアを知ったきっかけや、世代、作陶している場所、考えは違えど、
どの作家さんにも共通しているのは、スリップウェアへの熱〜い愛!
その想いがつまっているうつわ、ますます愛着がわいてしまいます。
 
そして座談会が終わり、作家の皆様、お客様、スタッフも一緒になっての懇親会スタート!
作家の皆様に、スリップウェアの大皿を持って来て頂き、
そちらに料理家の「minokamo」長尾明子さんが作ってくださったお料理を!
どれがどの作り手の方のか分かりますか?
お料理の映える事、映える事。
そして、なんと前野直史さんには、
200年前!の貴重なイギリスのスリップウェアを持って来てくださいました!
そしてそのお皿もお料理を….
なんて贅沢!歴史を感じる存在感。すごいです!
思わず、食べ終わったお皿をなでなでしてしまいました。

長尾明子さんに今日のお料理の説明をしていただきました。
スリップのしましま模様に合わせて、しましまな盛りつけ。
皆様ぺろり。

そしてこの盛り上がり!作家の方を囲んで、お話がはずむ事はずむ事!

外にも溢れ出す笑顔と笑い声。
 
改めまして、今回参加して下さったお客様、作家の皆様、長尾明子さん、本当にありがとうございました。
スタッフ一同心より感謝しております。
これからも、スリップウェアーをみんなで盛り上げていきましょう!
そして、次回は必見の番外編をアップします。

2012.05.02 Wed

十場天伸さんのスリップ ウェア ランプ追加入荷しました!

中目黒SM−gにて開催中の「ゴールデン スリップ ウェア」展に参加して頂いている十場天伸さんより、
スリップ ウェア ランプが追加で届きましたので、
先に届いたアイテムを含めまして紹介させて頂きます。
う〜ん!すごい存在感!!!!!!
やばい!カッコいい!!!!!!!
光が彩るグラデーションが美しいです。
どれも、うなってしまうカッコ良さ!各1点づつの入荷ですよ〜!
気になった方はお早めに中目黒SM−gへ♪
「ゴールデン スリップ ウェア」展5月13日まで!

2012.04.27 Fri

ゴールデン スリップ ウエア GSW始まります!

いよいよ明日から(4/28(土)〜5/13(日)まで。)GSW展始まります!
昨年も大好評を頂きましたが、今年は更にパワーアップしてお送り致します
なんと、今年は16組の作家/窯に参加していただきます!
中目黒SM−gに場所を移して広くなったにもかかわらず、
今回新たに什器を増やさないと展示しきれない!という嬉しい悲鳴をあげつつ、準備をしております。
また、各作家による「本展限定共通アイテム」あり、
5月5日には人気のスリップウェア作家5名によるスペシャルトークショー「go!go! slipware」あり、(詳しくは→   http://www.sm-l.jp/ggs/  )
の盛り沢山な内容なのと、、、、、
何より!各作家の方の気合いが半端ないことになってます!
届いたうつわ達から、それはもう、もわもわと熱気が立ち上っております!
スリップウェアファンの方はもちろん、
スリップウェアって???という方にも心より楽しめる企画展だと自負しております。
ぜひ!ぜひ!遊びに来て下さい!これは見逃したらマズいですよ!
ちなみにスリップウェアとは?という方に簡単に説明させて頂くと、
ヨーロッパなど世界各地で見られた、古い時代の陶器の一種。器の表面をスリップと呼ばれる土漿(でいしょう、水と粘土を適度な濃度に混ぜたもの)状の化粧土で装飾する方法が特徴です。
でも技法の話より、一足お先に、届いたうつわをお見せした方が良いと思いますのでそちらをご覧下さい!

前野直史さんと奥には齊藤十郎さん。

新窯で焼かれた、前野直史さんのうつわの荷解きほやほや感。

齊藤十郎さん。先日スタッフで窯出しのお手伝い(になっていたかどうかは?ですが。)に伺いました。

左上中段は袖師窯。新しい模様が届いてます。下段は真弓亮司さん。(なんと細長いうつわは「箸置き」!)真ん中辺りが湯町窯、右にうっすら見えるのが松形恭知さん。

湯町窯アップ!とちらっと松形恭知さん。

今回初参加の中川紀夫さん。

左が山田洋次さん、右が十場天伸さん。この棚とのマッチング感が半端ないですね。ちらっと見えるランプもスリップ!

伊藤丈浩さん。SMLにあったうつわは全部売れてしまったのでやっと届いた!って気持ちです。
とりあえず、さわりはこんな感じで。載せきれてない作家さんや窯も沢山ありますし、
載せてるうつわもほんとに一部です!
これはもう、ご自分の目で直にご覧頂きたい!本当に!
お待ちしております!
参加作家/窯(五十音順)
石原幸二(山根窯)、石橋紀子(野の窯)、伊藤丈浩、井上尚之(ふもと窯)、太田哲三、圭窯、齊藤十郎、十場天伸(つくも窯)、袖師窯、武内真木(倉敷堤窯)、中川紀夫(紀窯)、平山元康、前野直史(生畑皿山窯)、松形恭知(三名窯)、真弓亮司(まゆみ窯)、山田洋次、湯町窯
ちなみに、同じく明日から(4/28(土)~5/6(日)まで。)、恵比寿SMLでは「春の陶器市」を開催いたします!日頃出し切れていないうつわを一気にご覧になれるチャンスです!セール品もありますよ〜!
これは2会場ハシゴするしかない!

http://www.sm-l.jp/

1 2 3 4 5 6