03-6809-0696 info@sm-l.jp
〒153-0042 目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F

NEWS最新情報
  • 作り手
  • カテゴリー
  • アーカイブ

2019.07.31 Wed

7/31wed.~8/5mon.【民藝と暮らす】阪急うめだ本店 

阪急うめだ本店にて【民藝と暮らす】が開催されます。

7/31(水)〜8/5(月)10:00-20:00 / *金・土曜のみ10:00-21:00 / *最終日は18:00まで

阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー/アートステージ

より詳細な情報は下記URLからサイトをご覧ください。

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/gallery_mingei2019/index.html

 

毎年恒例のSML出張イベントで今年も関西の皆様に「民藝」をお届けいたします。

【民藝と暮らす】は各地の民藝店主たちが「民藝」を自らのものさしで揃えた働きものの器や道具たちが一堂に会する「民藝の夏フェス」です。

SMLは関東近郊(長野や益子など)を中心にセレクトしたものをお届け。(五十音順)

・安土草多(硝子/岐阜)*ペンダントライトのみ

・及川恵理子(陶器/長野)

・大久保ハウス木工舎(木工/長野)

・岡田崇人(陶器/栃木)

・河原崎貴(鉄/長野)

・齊藤十郎(陶器/静岡)

・佐藤大寿(陶器/福島)

・大與(和ろうそく/滋賀)

・松﨑修(木漆/栃木)

 

それでは店内の様子を写真でご覧ください。

・安土草多         

・及川恵理子               

・岡田崇人                

・河原崎貴                

大好評の河原崎貴さんによる鍛鉄のSMLオリジナルフライパンが並びます。

少人数の家族向けにサイズや使用感にこだわった特別なモデルです。

・齊藤十郎                

・佐藤大寿                

・大與                  

・松﨑修                 

『ワークショップ情報』

・櫨(はぜ)のろうそく作り ー大與ー

8月4日(日)13:00~14:00の部、14:30~15:30の部 

本格的な和ろうそくを作っていただきお持ち帰りいただけます。

下記URLよりご予約いただけます。

http://hhinfo.jp/entry/honten/event/detail/20190804

 

関西にお住いの方も、関西にお出かけの方も是非お立ち寄りくださいませ。

SMLスタッフがお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

2019.07.23 Tue

【民藝と暮らす2019】出展作家のご紹介

いよいよ今月末に迫りました、恒例の催事出展。

今年も大阪へお邪魔させていただきます。

————————————————————

【民藝と暮らす】

7/31(水)〜8/5(月)

10:00-20:00 / *金・土曜のみ10:00-21:00 / *最終日は18:00まで

阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー/アートステージ

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/

 入場無料

————————————————————

今年、SMLが持っていくのは、9作家・作り手による手仕事の品物。

関東近郊を中心に、陶器・ガラス・木工・鉄・和ろうそく…と幅広くセレクト。

少しですが、ご紹介いたします。

●安土草多(硝子 / 岐阜)

昨年に引き続き、安土さんからはペンダントライトのみの出展です。

100点以上が並びます。催事ならではの種類と数量。

アダプタを換えれば、壁の電源にコンセントを挿して、置いて使用することもできます。

吹きガラスでしか味わえない灯りの表情、ぜひ直接お確かめください。

●及川恵理子(陶器 / 長野)

島根の森山窯で学んだ及川さん。現在は長野にて作陶しています。

ネヅ・ゴス・テツと3色で展開するうつわは、シンプルで軽やか。

今回は、マグや茶碗、鉢や蓋物などを中心に焼いていただきました。

●大久保ハウス木工舎(木工 / 長野)

お馴染みの大久保さんからは、へらや杓文字、匙やれんげなど、幅広いバリエーション。

代名詞である「木のへら」はもちろんですが、

昨年のSMLの企画展「咖喱と古民藝」で初登場し、大好評だったカレースプーンが、今回出ます。

ぜひ手に持ってみてください。きっとびっくりします。

●岡田崇人(陶器 / 栃木)

益子の岡田さんからは、象嵌・掻落のうつわを中心に。

一枚食卓にあると、ぱっと雰囲気が明るくなる模様と色味です。

花器や湯呑みの形の美しさは、人間国宝・島岡達三のもとで学んだ岡田さんだからこそ。

●河原崎貴(鉄 / 長野)

今回の目玉、SMLオリジナルフライパンが登場です。

今までの河原崎さんのフライパンよりも、深さを出し、炒め物がしやすくなりました。

革の取っ手は、河原崎さんと親交の深い、鳥取・ミントチュチュレザーによるもの。

少人数の家庭でも使いやすく、収納しやすいサイズ感にこだわりました。

●齋藤十郎(陶器 / 静岡)

小代焼ふもと窯、鳥取の岩井窯で学んだ十郎さんは、幅広くなんでも作られます。

いつもSMLではスリップウェア 展でお馴染みですが、

今回はスリップ以外のうつわを中心にご紹介する予定です。

飽きのこない、何年も使い続けたい不思議な魅力のある十郎さんのうつわ。

●佐藤大寿(陶器 / 福島)

初のご紹介となる佐藤さんは、会津本郷の地で工房を構えています。

関西に作品を出すこと自体、これが初めてだそう。今回注目の作家です。

灰釉・飴釉の2種の釉薬で、平皿や鉢、マグなどを持っていきます。

何にでも使いやすいスタンダードな形で、うつわ初心者の方にもおすすめです。

●大與(和ろうそく / 滋賀)

SMLで行ったフェアでも記憶に新しい、和ろうそくの大與。

定番のハゼろうそくから、ギフトにぴったりの色ろうそくや豆ろうそくまで。

今年の「民藝と暮らす」はお盆前の開催となります。帰省のおみやげにいかがでしょうか。

また、8/4(日)には和ろうそくづくりのワークショップもあります。申し込み受付中です。

<ワークショップの申し込みはこちら>

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/gallery_mingei2019/index.html

●松﨑修(木工 / 栃木)

ぽってりした漆が特徴的な、松﨑さんの木漆。

お盆や重箱をはじめ、匙や小皿など、日常使いから来客用まで幅広いシーンで使っていただけます。

漆って使うの難しそう…と思われがちですが、お手入れはごく簡単。

使い込み、育てていく楽しみも、漆のうつわの魅力です。

————————————————————

SMLでお馴染みのもの、まだSMLでもご紹介していないもの、

幅広いラインナップを揃えて、大阪へ向かいます。

会期中はSMLスタッフが毎日在店しているほか、作家さんたちが遊びに来ている日もあります。

(特に、初日の7/31はたくさんの作家さんに会えそうです)

 

また、うつわや道具を使った食のコーナーや、作家と民藝店主のトークショー、

作家から直接教わるワークショップなど、今年はイベント類も盛りだくさん。

どの日に来ていただいても、楽しめる催事となっています。

 

ぜひ遊びにお越しください!

関西のみなさんとお会いできるのを、楽しみにしております。

2019.06.17 Mon

つまみ道Vol.12 参加者募集中!

3ヶ月ぶりになってしまいましたが、【つまみ道】やります!

今回、まだお席に余裕がございます。

爽やかな土曜の午後、明るいうちからカンパイしませんか?

———————————————————————————

つまみ道 Vol.12【鉄のフライパンと夏の男メシ】

6/22(土)16:00-18:00
場所:工藝 器と道具 SML
参加費:¥5,000
定員:12名

講師:小林照恭

————————————————–

徐々に暑さを感じるようになってきた、ここ最近。
だからこそガツンと食べて、ゴクゴク呑みたい!
さっぱり控えめに…なんて無理!

ということで、去る3月にXO醬レシピで登場してくれた男子先生・小林のお兄ちゃんが、

今回もガツンと男のレシピを引っさげて再登板!
この夏ずっと使えるつまみ3種を伝授いたします。

<メニュー> *予定です
●生姜焼きみぞれソース
…えっ、生姜焼きにそれ入れる?!一癖あるオリジナルレシピ。
●スパイスいもフォンデュ
…フォンデュの常識を根底から覆す、ビールのすすむつまみ。
●冷やしイカトマト
…お手軽材料で作る、スピードひんやりメニュー。

————————————————–

参考に、3月に開催した【つまみ道 -松﨑家のつまみ-】の様子を、少しだけご紹介。

 

まずは蓮池先生のデモンストレーションから。

この日は、木工の作家・松﨑修さんのお母様である松﨑道子さんがゲスト。

以前蓮池先生は道子さんからお料理を習ったこともあり、この日はコンビで【つまみ道】講師に。

メインは、道子さんが朝、栃木の自宅の庭で摘んで来てくれた野草!

ふきのとう、よもぎ、せり、カンゾウ…贅沢すぎる新鮮さ。

旬のホタルイカと軽く火を通したカンゾウ。修さんの漆の皿に盛り付けました。

修さんと二人展の会期中だった、後藤竜太さんのうつわにも盛り付け。

小料理屋さんみたいにカッコいいです!

食べながら呑みながら、道子さんに質問!

「難しいことはしない。お金がなければ、ちょっと工夫すればいいのよ」と道子さん。

最後は、修さんのお父様も遊びに来てくださいました。

後藤さん(チェックのシャツ)との掛け合いには、ドッと笑いも。

漆のこと、木のこと、たくさん聞けて、ほろ酔いながらも学びの多き夜でした。

————————————————–

さて、今回6/22(土)の回は、
『ミントチュチュレザー + 河原崎貴』の会期中。
革の作家・川口淳平さんと、河原崎さんの奥さま・中村摂子さんの在廊日で、

【つまみ道】に参加してくださる予定です!

もちろん女性も男性も大歓迎!
お一人さま大歓迎!
初めての方、リピーターさん大歓迎!

お申込は、SML(03-6809-0696 / e-shop@sm-l.jp)まで。
開催直前までお待ちしております!
————————————————–

<キャンセルポリシー>
開催2日前まで:参加費の50%
開催日当日:参加費の100%

 

2019.06.05 Wed

催事出展予告 【民藝と暮らす】

今年もこちらの催事に出展いたします!

—————————————————————————-

【民藝と暮らす】

7/31(水)〜8/5(月)

10:00-20:00 / *金・土曜のみ10:00-21:00 / *最終日は18:00まで

阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー/アートステージ

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/

 入場無料

—————————————————————————-

今年は少し時期がずれて、真夏の開催となりました。

同じ9階ですが、昨年までとは場所も異なりますのでお気をつけください。

 

本当にいろんなお客さまとお会いできる、私たちにとっても楽しみなこの催事。

会場での「毎年楽しみにしてます」のお声かけが、とても励みになります。

また、この催事をきっかけに、東京へ来た際SMLへ立ち寄ってくださる方もおられ

いつも本当に嬉しく思っています!ありがとうございます。

 

SMLから今年ご紹介するのはこちらの作り手によるもの。(五十音順)

・安土草多(硝子/岐阜)*ペンダントライトのみ

・及川恵理子(陶器/長野)

・大久保ハウス木工舎(木工/長野)

・岡田崇人(陶器/栃木)

・河原崎貴(鉄/長野)

・齊藤十郎(陶器/静岡)

・佐藤大寿(陶器/福島)

・大與(和ろうそく/滋賀)

・松﨑修(木漆/栃木)

 

また、今年もワークショップやトークショー、フードコーナーなどが毎日充実。

買い物だけでなく、民藝のものを実際に使ったり、作り手の思いを直接聞けたりと、

体感しながら器や道具を楽しむことができる年に一度のお祭りです。

 

催事直前と期間中は、SNSで商品写真もお伝えしていきます。

関西の皆さま、いいモノたくさん持っていきますよー!

ぜひお待ちしております!

 

 

2018.10.20 Sat

新入荷 河原崎貴のフライパン

今年の6月に行われた阪急うめだ本店の催事「民藝と暮らす2018」にて

大好評いただいた、河原崎貴さんの鉄のフライパンと中華鍋。

 

ついに本日、SML店舗にも初入荷いたしました!

お問い合わせくださっていた皆さま、お待たせいたしました。

 

長野県伊那市に工房を構え、鉄の製品を作る河原崎さん。

スタッフやお弟子さんはおらず、すべての工程を一人で行っています。

 

河原崎さんの作り方は、「鍛造」。

鉄を熱することで柔らかくし、その間にカンカンと叩いて形を作ります。

熱して真っ赤な状態になった鉄。

何度も叩き、形を整えます。

また、叩くことで鉄がギュッと緻密になるので、頑丈さが増します。

経験や感覚を研ぎ澄まし、一つ一つに向き合います。

このあと、取っ手の部分をつけてフライパンの形に。

こうして出来上がったフライパン。

鍋肌がとてもかっこいい。

鍛造だからこそ出来る、この薄さ。

「思ってたより軽い!」と催事でも驚かれるお客さんが沢山おられましたが

これも手作業ならではの良さなのです。

河原崎さんのトレードマーク、輪っか状の取っ手。

キッチンで、吊り下げて収納も可能です。

手に持ってみるとこんな感じ。

とにかく「焼く」「炒める」が美味しい、鉄のフライパン。

オーソドックスですが、まずは目玉焼きを作ってみてほしいです。

はっとするほど、美味しく焼けます。

今回、サイズは3つ。

小:直径22cm、底径16cm …焼き野菜やトーストを焼くのに便利なサイズ

中:直径25cm、底径18cm …ステーキ肉やオムライスを焼けるサイズ

大:直径28cm、底径20cm …具沢山な焼きそばも安心なサイズ

※おおよそのサイズです。個体差があります

 

続いて、

中華鍋。

こちらは、深さがしっかりあります。

麻婆豆腐や、ソース多めのパスタなど、汁気のあるものにも大活躍。

こちらも3サイズ。

小24cm、中26cm、大29cmとなります。

 

 

さらに、

前回の入荷時には、たくさんお問い合わせをいただきました。

鉄の皿立て。

とてもシンプルで、お皿の雰囲気を邪魔せず、すらっと格好いい。

こちらも3サイズのご用意です。

(背面の鉄の高さ) 小20cm、中25cm、大30cm

サイズ感や重量など、ぜひ店頭で手にとってお確かめください。

10/25(木)までの常設期間中、店頭に並べております。

1 2