03-6809-0696 info@sm-l.jp
〒153-0042 目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F

NEWS最新情報
  • 作り手
  • カテゴリー
  • アーカイブ

2018.11.27 Tue

【予告】12/15-25 大谷哲也・桃子 二人展 

2018年の締めくくりは、こちらの二人展。

【大谷哲也 大谷桃子 二人展】

 

12/15(土)〜12/25(火)

12:00-20:00 土日祝11:00-

 

※個展初日に関して※

12/15(土)10:45に、入店順を決めるくじ引きを行います。

10:45以前に店舗周辺にお並びにならないよう、お願い申し上げます。

 

【作家在廊日】
12/15(土)、16(日)


【オープニングパーティ】

12/15(土)18:00-20:00 ※予約不要
フードスタイリスト中山暢子によるお料理とお酒を、作り手と共にお楽しみください。

——————————————————-

なお、2日目は大谷さんたちと一緒に楽しめる

こちらの企画を予定しております。

先着順でのご予約制。まだお席ございます。是非。

 

【大谷家のブランチ】

12/16(日)11:00-14:00 ※事前予約制(10名限定)

参加費 ¥5,000

哲也さんと桃子さんが、

大谷家でいつも楽しんでいるブランチを振舞います。

ドリッパーで淹れたコーヒーや、

大谷さん手作りの天然酵母パン、手作りベーコンなど。

大谷家に遊びに訪れた気分で、ゆったりした時間と楽しいお喋りをどうぞ。

<お申込み>名前・人数・電話番号・メールアドレスを添えて、

e-shop@sm-l.jpまたは03-6809-0696まで

2018.11.21 Wed

11/20-29【常設】

店内は11/20から29まで【常設】の期間となっております。

 

SMLでは、個展や企画展の合間に【常設】の期間を挟んでいるのですが、

毎回がらっと雰囲気を変えて、色んなものを並べています。

「エスニック」だったり、「涼」だったり、「新入荷どーん」だったり。

毎回違うテーマを掲げていて、スタッフもディスプレイを楽しんでいます。

 

今回は、ずばり「鍋」。

土鍋はもちろん、鍋にまつわるうつわを多く並べてみました。

手前は、そろばんのコマのような、出西窯の土鍋。たっぷりサイズです。

 

岩井窯の耳付土鍋シリーズは、今なら大きさ色々あります!

ごはんの炊ける蓋付の土鍋は、3〜4合用の「大サイズ」のみ在庫ございます。

 

大谷哲也さんの土鍋、種類はだいぶ減りましたが、まだまだあります。

使い心地を確かめたい方は、12/8(土)の「つまみ道」へ是非。

 

五十嵐元次さんの土鍋はコロンと小さめサイズと、しっかりサイズ。

 

そして土鍋だけじゃなく、鍋のときに欲しいうつわも今回たくさん出しました。

お野菜や、シメの麺を載せたい大きめの平皿や、

こちらは小さめサイズの鉢。

具沢山の鍋には、しっかり入る鉢を。野菜も肉もたっぷり食べたい。

シメは雑炊派なら、出西窯のこんな形の小鉢も良いかも。

 

鈴木稔さんの片口には、ポン酢を入れたり、追い出汁を入れたり。

 

さらに、実は小皿類も鍋には欠かせません。

土鍋に合わせ、今回は岩井窯のお皿類もたくさん店頭に。

 

こんな豆皿には、柚子胡椒を入れたり、もみじおろしを入れたり。

 

3寸皿は、薬味入れにも重宝します。

 

4寸は、ちょっとした一品やお漬物に。

 

暖かい部屋での、あつあつの鍋には、冷たいビール!

先月再入荷したばかりの石川硝子工藝舎のグラスをはじめ、この棚はまるごと硝子。

 

いや、冬は鍋もいいけどオーブン派です、という方もいるでしょうと

オーブンウェアもたくさん揃えました。

特に、スリップウェアは出しきれないほどまだまだあるので、

種類をご覧になりたい方はぜひお声掛けください。

 

そして最後に、先日のCASICAのイベントで初お目見えした

木のスプーンとフォーク。

丈夫で耐久性があり、昔から船や高級家具などに使われてきたチーク材のカトラリーです。

持ち手が細いので、握ったときのストレスがないのが特徴的。

 

今回の常設は、11/29(木)まで。期間中は無休です。

店頭に出ていないものもご紹介できるので、ぜひスタッフへお声掛けください。

2018.11.20 Tue

*締め切りました*12/16sun【大谷家のブランチ】

【こちらの企画は、募集終了いたしました。ありがとうございました。】

 

 

2018年最後の企画として、12/15(土)-25(火)に予定している

<大谷哲也 大谷桃子 二人展>。

この二人展2日目に、大谷さんたちと一緒に楽しんでいただけるイベントを予定しています。

【大谷家のブランチ】

12/16(日)11:00-14:00

場所:SML

参加費:¥5,000(哲也さんのカップ付き)

定員:10名(先着申込順)

申込方法:名前・人数・電話番号・メールアドレスを添えて、

SML(e-shop@sm-l.jp / 03-6809-0696)まで

————————————————————-

哲也さんと桃子さんが、大谷家でいつも楽しんでいるブランチを振舞います。

ドリッパーで淹れたコーヒーや、大谷さん手作りの天然酵母パン、手作りベーコンなど。

大谷家に遊びに訪れた気分で、ゆったりした時間と楽しいお喋りをどうぞ。

 

もちろん、二人展もお楽しみに。

————————————————————-

【大谷哲也 大谷桃子 二人展】

12/15(土)〜12/25(火)

12:00-20:00 土日祝11:00-

 

<個展初日に関して>

12/15(土)10:45に、入店順を決めるくじ引きを行います。

10:45以前に店舗周辺にお並びにならないよう、お願い申し上げます。

<作家在廊日>
12/15(土)、16(日)

<オープニングパーティ>

12/15(土)18:00-20:00 ※予約不要
フードスタイリスト中山暢子によるお料理とお酒を、作り手と共にお楽しみください。

 

 

photo by 高野尚人

2018.01.30 Tue

【常設展1/31〜2/8】土鍋の種類が過去最多!

こんにちは。
あっという間に1月末になりましたね。
年明け第一弾企画の蔵出市も無事に終了し、明日からまたいつものSMLにもどります。
盛りだくさんに並ぶ期間も楽しいですが、
常設展は、一点一点のアイテムをゆったり・じっくりと検討していただけるので、これまたスタッフ一押しの期間です。
毎回テーマのある常設展ですが、
今回の見所は、なんといっても土鍋のバリエーションの豊富さです。
店内は、土鍋祭り・・・?というくらい、過去最多種の土鍋が並んでいます!

さっそく、順番にご紹介します。
まずは、こちら!

福島を拠点に作陶されている、ベテラン作家・五十嵐元次さんの新作土鍋です!
普段は白磁や青磁のお仕事が多い五十嵐さん。土鍋はとても新鮮です!
左から
・五十嵐元次 土鍋 (直径25cm 本体高さ12cm 蓋をした時の高さ21cm )14000円+税
         (直径18cm 本体高さ10.5cm 蓋をした時の高さ16cm )8000円+税
         (直径20cm 本体高さ10.5cm 蓋をした時の高さ17.5cm )8500円+税
         (直径19.5cm 本体高さ9cm 蓋をした時の高さ15cm )8500円+税

続いては、こちらも完全新作!出西窯の土鍋です。

第24回日本陶芸展

にて特別賞・TOTO賞を受賞した作品が、このたびついに商品化されました。
なんと、SMLが全国初のお取り扱い店となります。
そろばんのコマのような形が特徴的で、エスニックな料理とも相性がよさそうです。
・出西窯 土鍋 中/飴 (直径26cm 本体高さ11.5cm 蓋をした時の高さ16.5cm)24000円+税

大人気の大谷製陶所の白い土鍋もまだまだお選びいただけます。
サイズは、以下のとおり。(*すべて、内寸のサイズです)
・大谷製陶所 平鍋(浅) (直径24cm 深さ3cm)14000円+税
・大谷製陶所 平鍋(並) (直径18cm 深さ5cm)8000円+税
            (直径21cm 深さ5cm)11000円+税
            (直径24cm 深さ5cm)16000円+税
            (直径27cm 深さ5cm)21000円+税
・大谷製陶所 平鍋(深) (直径18cm 深さ8cm)9000円+税
            (直径21cm 深さ8cm)12000円+税
            (直径24cm 深さ8cm)18000円+税
            (直径27cm 深さ8cm)24000円+税
こちらは、煮炊きのほか、炒め物にも使えるお鍋です。
SMLでのキッチンでも大活躍。使い始めはシンプルですっきりとした雰囲気ですが、
使い込むうちにどんどんと味わいが。愛着が湧きます。

そしてお次は、

一見、鉄鍋のようにも見えますが、土鍋です。
鈴木環さんが手がけたもので、こちらは受注生産となります。
北欧デザインの食器など、洋食器とも相性がいいシンプルなデザインが魅力です。
店頭には、中サイズのものをサンプル展示しています。
・鈴木環 土鍋 小 (直径17cm 本体高さ8cm) 10000円+税
       中(直径20cm 本体高さ9.5cm) 16000円+税
       大(直径24cm 本体高さ9cm) 20000円+税

その他、岩井窯の耳付土鍋も入荷しております。
少量入荷のため、気になる方はどうぞお早めに!売り切れ御免です。
そのほか、店内の様子はこんな感じです。

独特な意匠がたまらない、三宅義一さんのワイングラス。

森山窯の丼鉢、ご飯茶碗

久しぶりに登場!とぼけた表情が可愛らしい”サル手”
連続して繋げるとさらに可愛さアップです。

石川硝子工藝舎の「旅箱」
こちらは、硝子の猪口2つをピッタリのブリキ缶に入れて持ち運べるセットです。
特製の手ぬぐいとポーチは、なんとSMLの地下にあるお店「ANACHRONORM」が手がけたもの。

牧谷窯の器は、人気の波模様も登場。

匙の端材から作られた箸置き。端材ならではの計算外の形が魅力的です。

その他にも、酒器やオーブンウェアなど、いろいろと並べております。
会期は1月31日〜2月8日まで。
会期中は休みなく、毎日20時までおまちしております。

2015.10.17 Sat

1日限りの出張レストラン「La Bonne Nouvelle」at SML

10/10(土)〜12(月・祝)に開催した「EAT & DRINK 大谷哲也 × 富井貴志」展の最終日、
10/12(月)は【1日限りの出張レストラン「La Bonne Nouvelle」at SML】がOPEN!
京橋のフレンチレストラン「La Bonne Nouvelle」( http://nuvola331.jugem.jp/ )の佐々木隆行シェフのお料理を
大谷さん、富井さんお二人のうつわでお楽しみ頂くという贅沢な時間。
佐々木シェフはせっかく来て頂いたのでとにかく満足して欲しい!
と、本当に儲け度外視!な内容。
どのお料理も本当に美味しそうで、美しくて…
スタッフ揃ってかなり熱い羨望の眼差しを向けていたかと。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この日は気持ちの良い秋晴れだったのでお昼の回は外で召し上がっていただきました。
お箸、レンゲ、箸置きは富井貴志さんの作品。明日の10/18(日)が最終日ですが富井貴志さんの個展でお求め頂けますよ!
コップは大谷哲也さん。ワイングラスは有永浩太さん。俄然期待が高まります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
夜は店内で。お昼は皆様女性でしたが、夜は3組のパートナー同士でのご参加。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
大谷哲也さん、富井貴志さんと一緒にみんなで乾杯!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
色々な種類のきのこが富井さんのうつわに。どうやってでてくるのでしょうか??
12074831_1042792982421337_9082898961656292590_n
前菜です。大谷さんのリム皿に!みかんは無農薬で皮まで食べられるそうですよ!ささみは大谷さんのお知り合いで信楽で地鶏、銘柄鶏を扱う秋田かしわ店の熟成鶏。http://katy.jp/chicken/
12112200_1042793019088000_9174526269670622902_n
二皿目はピザ皿に。こちらはレストランからの注文が多いというのも納得です。カップにはあんこうのスープ。
12106878_1042793042421331_5824568400406534550_nこちらは瞬く間に売れてしまった帽子鉢に。みどりが映えますね。。ちなみに卵も秋田かしわ店のもの。
11225225_1042793065754662_732177930902872603_n
鶏肉も秋田かしわ店の熟成鶏。
12065778_1042793105754658_7866925079302453158_n
う〜ん。美しい一皿。
12072741_1042793132421322_4823274406211288127_n
平鍋はサンマを焼くのにも使われました!
12141704_1042793222421313_8475161563102329549_n
サンマがのった富井さんの白漆のリム皿はやっぱりお料理が映えますね。こちらも明日10/18(日)までの富井貴志さんの個展でお求め頂けます!
添えてあるご飯は、新潟の桐沢集落でミネラル豊富な伏流水がそそぐ棚田で減農薬農法を用いて育てられた「きりさわ米」http://www.oguni-kirisawa.com/#!kirisawamai/ceqt
こちらは後でおにぎりを頂きましたが冷めても美味しかったです!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
もちろん大谷さんのライスクッカーで炊き上げました。
12118783_1042793242421311_466372069299993035_n
11148338_1042793272421308_4846831097900216340_n
デザードは美しいフォルムのボウルに。このうつわは皆さん欲しい!との声が!ほおずきがかわいい。
全6皿の珠玉のコース。
皆様堪能されておりました。
う〜うらやましい!
京橋に食べにいこうっと。
ご参加の皆様、佐々木隆行シェフ、スタッフさん、ありがとうございました!
一部の写真はご参加されたお客様からお借り致しました。感謝いたします。
そしていよいよ明日の10/18(日)が富井貴志さんの個展の最終日!皆様是非足をお運びください!
お待ちしております。

1 2