03-6809-0696 info@sm-l.jp
〒153-0042 目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F

NEWS最新情報
  • 作り手
  • カテゴリー
  • アーカイブ

2018.11.11 Sun

長野県松本市「MARKT+」にてPOP-UP開催中

 

【SML手仕事市】

11/9(金)〜11/26(月)10:00-20:00

信毎メディアガーデン1-2F

(長野県松本市中央2-20-2)

夏に個展をしていただいた井藤昌志さんが主宰する、
長野県松本市のライフスタイルショップ「LABORATORIO」。

その3店舗目としてオープンした、
信毎メディアガーデン内「MARKT+」にて
SMLがPOP-UPをさせていただいております。

小鹿田焼 坂本工窯、山根窯、齊藤十郎、牧谷窯、岡田崇人、杉田貴亮など陶器をはじめ、松崎修、仁城逸景、ヨシタ手工業デザイン室など、
幅広いラインナップを揃えました。

東京からでも、ふらっと出かけられる松本市。
井藤さんがデザインする素敵な空間が広がっています。

さらに、11/23(金)の祝日には、
日本酒「真澄」とコラボしたイベントも開催いたします。

 

【SML meets 真澄】

於 MARKT角打コーナー
11月23日 12:00〜19:00
器セレクト◉宇野昇平(SML)
おつまみ◉白土暁子(いまでや)
お酒◉真澄(宮坂醸造)

当日はスタッフも松本入りするので、
長野のお客さま、旅行中のお客さまたちとお会いできるのを
楽しみにしております!

2018.11.09 Fri

11/10(土)から【小代焼ふもと窯 井上尚之】

明日11/10(土)より。

【小代焼ふもと窯 井上尚之】個展

11/10(土)〜11/18(日)
12:00-20:00 土日祝11:00-

 

<作家在廊日>
11/12(月)、13(火) ※今回は平日となります。ご注意ください

 

<個展初日イベント>

スリップ酒場

 11/10(土)16:00-21:00 @SML ※予約不要

TV TOKYO「男子ごはん」フードコーディネート担当の
料理研究家・下条美緒が女将となり、
尚之さんのスリップウェアに盛り付けたつまみをご提供いたします。

お酒・つまみ共に一品¥500〜程でお楽しみいただけます。

個展を覗きがてら、ふらりとお立ち寄りくださいませ。

————————————————————————-

先週SMLディレクターが熊本まで直接仕入れに出掛け、選び抜いたうつわの数々。

圧巻の、1000点超えです。

ほんの一部になりますが、写真でご紹介いたします。

 

尚之さんの新作、櫛描きの8寸皿。

小さいサイズも。

 

蓋物は、形・色さまざまで揃いました。

 

マグ類も充実。

 

お鍋やスープに使いやすそうな、深さのあるうつわも。

 

お茶碗もたくさん。

 

この尺皿は一点のみ。

 

棚まるまる一台分は、小代お馴染みの「青」を並べました。

この片口は、お父さんである泰秋さん作のもの。

 

そして尚之さんの定番、スリップウェア。

積み重ねても並べきれないほど(並べきれませんでした)の量。

柄や色はもちろん、一枚ごとの表情の違いが面白いので

ぜひ沢山見比べて「選ぶ時間」もお楽しみください。

 

11/18(日)までの会期となります。お待ちしております。

2018.11.02 Fri

【予告】11/10(土)小代ふもと窯 井上尚之 個展 & スリップ酒場!

来週末11/10(土)より、小代ふもと窯 井上尚之 個展がスタートします。

今回もSMLディレクターが熊本に出かけ、窯出し直後のうつわを直接仕入れてまいります。

 

尚之さんのうつわは、丈夫で頼もしい。

そしていつも、欲しいな〜と思う形やサイズがパッと見つかります。

実際に買って帰ってみると、厚みも色味も、とても使いやすい。

力が入りすぎる訳でもなく、砕けすぎる訳でもなく、

ただしっかり居てくれるうつわです。

 

 

【小代ふもと窯 井上尚之】個展

11/10(土)〜11/18(日)
12:00-20:00 土日祝11:00-

【作家在廊日】
11/12(月)、13(火) ※今回は平日となります。ご注意ください

 

 

そして、今回初日は、あの企画が再登板。

 

【スリップ酒場】

<日時> 11/10(土)16:00-21:00
<場所> SML 目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F

 

5月に行った「GOLDEN SLIPWARE 2018」で
ご好評いただいた【スリップ酒場】。

小代焼ふもと窯 井上尚之の個展初日11/10(土)に、
1日限定で復活いたします!

TV TOKYO「男子ごはん」フードコーディネート担当の
料理研究家・下条美緒が女将を務めます。
盛り付けるうつわはもちろん、尚之さんのスリップウェア。

個展を覗きがてら、
美味しいお酒と絶品おつまみをご堪能ください。

 

※予約不要です。どなたでもお気軽にどうぞ。

2018.10.29 Mon

SML × 松本かおる【焼き締め酒器ワークショップ】

SML × 松本かおる による、焼き締めの陶芸教室がスタートします。

 

ざらざらゴツゴツ…

そんなイメージを持たれがちな、焼き締めのうつわ。

扱いだって難しいんでしょ?と手に取ってもらえないこともしばしば。

 

だけど。松本さんの焼き締めを使うと、そんなイメージは一瞬で吹っ飛びます。

信じられないくらい、心地のよい焼き締めだから。

 

使うほどだんだんと、さらりと手に吸い付くように馴染んでいきます。

そのなめらかさは、食事はもちろん、洗い物の時間までも楽しくなるほど。

だんだんと増していく艶が、とても美しいのです。

 

この教室では、そんな松本さんの焼き締めのうつわ(酒器)を、松本さんと一緒に作ります。

 

焼き締めに使う備前の土は熱伝導が良く、

『冷たいものは冷たいまま、温かいものは温かいまま』

食べたり飲んだりできる特徴があります。

お酒もいっそう美味しく呑める。まさにお酒向きのうつわなのです。

 

参加者一人一人、手ロクロを使って成形します。

それを松本さんが預かり、能登の工房へ。炭やもみ殻、藁を使って焼成します。

自然素材や粘土によってうつわの色みは変わってくるので、どう焼き上がるかはお楽しみ。

 

「焼き締め酒器ワークショップ」

 

【日時】11/11(日)①13:00-15:00 ②16:00-18:00

【場所】SML 目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F

【参加費】¥5,000 + 焼成費 *ぐい呑1つで¥500程度が目安。大きさにより変動します

【定員】各回7名

 

お申込みは、名前・電話番号・メールアドレスを添えて、SMLまで。

03-6809-0696 / e-shop@sm-l.jp

 

●松本かおる

2007年 備前陶芸センター入所

2008年 同所終了後、備前焼作家 星正幸氏師事

2009年 帰郷 都内の陶芸教室勤務し、焼締め陶芸教室も始める

2012年 長野に移住

2018年 石川県輪島市に移住

2018.10.26 Fri

【10/27(土)から】小代瑞穂窯 福田るい

小代瑞穂窯 福田るい

10/27(土)〜11/6(火)
12:00-20:00 土日祝11:00-

【作家在廊日】
10/27(土),28(日)

【イベント】
10/27(土)18:00〜
オープニングパーティ
フードスタイリスト中山暢子によるお料理とお酒を、作り手と共にお楽しみください。


 

搬入が終わりました。

少しだけですが、るいさん一色となった店内の様子をお届けします。

るいさんのうつわといえば、「青・黄・白」。

ですが、今回だけの特別な色が入ってきました。

それが…

黒。

普段よりも高い温度で焼いたからこそ出たこの黒色。

こちらも同じく、1300℃の高温で焼いたシリーズ。

ほかに、湯呑みも6点ございます。

もちろん、定番の色もたくさん入荷してきています。

るいさん定番の「チャプチャプ」も。

マグに引っ掛けて、すぐお茶を入れられるのがこの季節嬉しい。

ポットやカップ類もたくさん入荷してきました。

容量たっぷりサイズ。

熊本生まれだけれど、どこか異国のようにも感じる、

不思議な魅力を持ったるいさんのうつわ。

シンプルで、どのサイズも使いやすく、実用的。

釉薬の変化も美しく、一番ぐっとくる色を探すのも一つの楽しみです。

その他、会期中もInstagramでご紹介していきます。

ぜひ店頭で見て触れて、とっておきの一枚を見つけてみてください。

 

初日・2日目は、るいさんが在廊されます(土日営業は11:00-20:00)。

穏やかな秋の散歩がてら、ぜひお出かけください。

1 2 3 4 5 6 72