03-6809-0696 info@sm-l.jp
〒153-0042 目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F

NEWS最新情報
  • 作り手
  • カテゴリー
  • アーカイブ

2017.09.08 Fri

【ひと足先にレポート!その2】咖喱と古民藝(2017.9.9-18)

明日(9/9土)よりスタートの「咖喱と古民藝」準備中の店内より、
続いては古民藝のラインナップをご紹介!
IMG_5106
まずは迫力の作家モノからご紹介・・・!
左から:船木道忠、濱田庄司、船木研兒作
IMG_5098
河井寛次郎 呉須灰具
IMG_5101
金城次郎 唐草蓋物
IMG_5085
金城次郎 油壺、角瓶
IMG_5076
武内晴二郎 鉢
各地の民窯の良品たちも沢山届いております。
IMG_5071
DMのデザインにもなった、壺屋の「渡名喜瓶」と丹波の筒描小壺
IMG_5087
瀬戸の馬の目皿
IMG_5080
IMG_5094
出西窯の角鉢、ピッチャー、角瓶
IMG_5103
壺も大小多数
IMG_5132_1
IMG_5057
李朝膳の天板はお盆として使っていただくのも素敵ですね。
拭き漆が施されたものも、ございます。
IMG_5110
IMG_5005
古布も色々と。
藍染めや柿渋染め、刺繍の施されたインドネシアのサロンまで!
写真では紹介しきれませんが、無地の物はとてもリーズナブルなお値段で、数も揃っていますよ。
IMG_5006
小品も魅力的なものばかり。
こちらはかなりのミニサイズの玩具ですが、しっかりと”やきもの”です。
IMG_5108
絵皿におろし皿、蓋、水滴。
IMG_5081
素朴な恵比寿様に大黒様。左端の大黒様が乗っている台は、ミニサイズのお釜のフタです。
IMG_5088
仏花器色々。
9日、10日にはこれらの古民藝を出品してくださった、
「objects」佐々木創さんも在廊予定です。
是非直接、会場にてご覧いただけたらうれしいです。
 

「咖喱と古民藝」

2017.9.9(土)~18(月・祝)
12:00-20:00 ※土日祝11:00-
—————————–
咖喱にまつわる全国各地の作り手が手がけた新作カレー皿/グラス/スプーンの販売と、
松江「objects」の店主・佐々木創さんが蒐集めたスパイスの効いた古民藝をお楽しみいただけます。
—————————–
【参加窯/作家】
伊藤丈浩
小代焼ふもと窯 井上尚之
大沼道行
齊藤十郎
佐々木康弘
田村窯
樂久登窯 西村昌晃
前野直史
安土草多
大久保ハウス木工舎
菊地流架
松崎修
miyazono spoon
objects 佐々木創(古民藝)
—————————–
【イベント】
●「民藝咖喱食堂」
9/9(土)、10(日)12:00~19:00
*カレーがなくなり次第終了いたします。
民藝運動の中心人物である柳宗悦の夫人の柳兼子が、バーナード・リーチの助言をもとに作られたという「白樺派カレー」をオリジナルレシピで、フードスタイリストの中山暢子さんに再現していただきます。
毎回人気の伝説のカレーを参加作家のうつわでお楽しみください。
●「中目黒咖哩食堂」
9/16(土)、17(日)12:00~19:00
*カレーがなくなり次第終了いたします。
カレー通を唸らせると評判の中目黒「café RED BOOK」に、今年も垂涎のカレーを作っていただきます。
—————————–
【作家在廊日】
9/9(土)
齊藤十郎、松崎修、miyazono spoon 宮薗なつみ、objects 佐々木創
9/10(日)
佐々木康弘、objects 佐々木創
9/16(土)
miyazono spoon 宮薗なつみ、樂久登窯 西村昌晃
9/17(日)
樂久登窯 西村昌晃

2017.09.08 Fri

【ひと足先にレポート!】咖喱と古民藝(2017.9.9-18)

IMG_5114
いよいよ、明日(9/9土)から「咖喱と古民藝」展がはじまります。
年に一度のペースで開催している定番の企画ですが、おかげさまで6回目を迎えることができました!
今年も、咖喱にまつわる全国各地の作り手が手がけた新作カレー皿/グラス/スプーンの販売と、
松江「objects」の店主 佐々木創さんが蒐集めたスパイスの効いた古民藝をお楽しみいただけます。
この夏のリニューアル工事を経て、ガラリと模様替えした店内より、
一足先に今回の出品内容をご紹介いたします!
まずはカレー皿から。
IMG_5144
IMG_5146
こちらは、窯出しホヤホヤの前野直史さんの器です。
縁起の良い八角のカレー皿と、焼締めの風合いが美しい小鉢と小皿。
なんと、焼締めの器は、今回の展示のために新しい土で取り組んでくださった完全新作です!
IMG_5122
IMG_5116
こちらは、たっぷりとした深さが魅力的な伊藤丈浩さんのスリップウェアのカレー皿。
人気のリボン模様のものも入荷しております!
カレー皿以外にも、つけあわせのサラダを盛りつけたい小鉢も2種。
IMG_5127
IMG_5120
こちらは井上尚之さんの器。定番のスリップウェアに加え、象嵌のサラダ鉢やプレートも入荷しました!
IMG_5036
IMG_5034
大沼道行さんからは定番の織部に藁灰、窯変のシリーズが入荷しています。スープカレーにぴったりな、大きめなカップも。
同じシリーズでも、釉薬の掛かり方や焼きの具合で大きく表情が異なっておりますので、是非店頭で実物をご覧ください。
IMG_5043_1
こちらは佐々木康弘さん。
掛け分けの技法で作られたメリハリのある模様は、盛りつけ方によっても大きく印象が変わりますね。
様々なパターンを入荷しておりますが、全体数は少なめですので、気になった方はどうぞお早めに!
IMG_5045
IMG_5037
樂久登窯(らくとがま)の西村昌晃さんからはユニークな形のカレー皿が入荷!
耳付のものと、カヤック型ものは耐熱製ですので、レンジはもちろんオーブンにも対応していますので、
是非カレードリアなどに活躍させてみてはいかがでしょうか。
IMG_5046
IMG_5050
そしてこちらは毎回入荷のたびに、そのほとんどが売り切れてしまう沖縄の田村窯さん!
今回は沢山入荷しております!
サイズも小皿から8寸まで、サイズ・柄共に、かなりバラエティ豊かに揃いました。
そして・・・カトラリーも沢山入荷しております!
IMG_5056_1
まずはこちら!SMLの企画展初参加のmiyazono spoonさん。
miyazono spoonさんの代表作である、ツートーンのスプーンは、
木本来の色味と、拭き漆の使い勝手のよさが同時に楽しめる、優れたデザイン。
IMG_5062
菊地流架さんのスプーン、サーバーも各種そろっています。
真鍮製のため、使っていくうちに経年変化の味わいが増していくのも魅力的。
最後器に残ったルーもしっかりすくい取れる、栗型のスプーンはまさにカレーにうってつけの形です!
IMG_5070
大久保ハウス木工舎さんからは、カレースプーンはもちろん、調理道具をふんだんに入荷しました!
定番人気の「木のへら」は、常設展では桜材のもの中心にお取り扱いしておりますが、今回は栗材のものも入荷しております。
IMG_5057
松崎修さんからは、拭き漆と、朱漆のスプーン、小皿を入荷しました。
大きなスプーンは、かなりボリューム感のあるデザインとなっておりますが、
とても軽くて使いやすく、またどんな器にも合わせやくてお勧めです。
IMG_5154
安土草多さんからは、辛いカレーには欠かせない、お冷やグラスを入荷しました!
安土さんでは珍しい、色ガラスのお仕事です。
と、まだまだ紹介しきれておりませんが、まずはここまで!
次回記事では、古民藝のラインナップをご紹介いたします。
どうぞお楽しみに!
curry_2017_banner
 

「咖喱と古民藝」

2017.9.9(土)~18(月・祝)
12:00-20:00 ※土日祝11:00-
—————————–
咖喱にまつわる全国各地の作り手が手がけた新作カレー皿/グラス/スプーンの販売と、
松江「objects」の店主・佐々木創さんが蒐集めたスパイスの効いた古民藝をお楽しみいただけます。
—————————–
【参加窯/作家】
伊藤丈浩
小代焼ふもと窯 井上尚之
大沼道行
齊藤十郎
佐々木康弘
田村窯
樂久登窯 西村昌晃
前野直史
安土草多
大久保ハウス木工舎
菊地流架
松崎修
miyazono spoon
objects 佐々木創(古民藝)
—————————–
【イベント】
●「民藝咖喱食堂」
9/9(土)、10(日)12:00~19:00
*カレーがなくなり次第終了いたします。
民藝運動の中心人物である柳宗悦の夫人の柳兼子が、バーナード・リーチの助言をもとに作られたという「白樺派カレー」をオリジナルレシピで、フードスタイリストの中山暢子さんに再現していただきます。
毎回人気の伝説のカレーを参加作家のうつわでお楽しみください。
●「中目黒咖哩食堂」
9/16(土)、17(日)12:00~19:00
*カレーがなくなり次第終了いたします。
カレー通を唸らせると評判の中目黒「café RED BOOK」に、今年も垂涎のカレーを作っていただきます。
—————————–
【作家在廊日】
9/9(土)
齊藤十郎、松崎修、miyazono spoon 宮薗なつみ、objects 佐々木創
9/10(日)
佐々木康弘、objects 佐々木創
9/16(土)
miyazono spoon 宮薗なつみ、樂久登窯 西村昌晃
9/17(日)
樂久登窯 西村昌晃

2017.08.21 Mon

【予告】咖喱と古民藝(2017.9.9-18)

curry_2017_banner
 

「咖喱と古民藝」

 
2017.9.9(土)~18(月・祝)
12:00-20:00 ※土日祝11:00-
—————————–
咖喱にまつわる全国各地の作り手が手がけた新作カレー皿/グラス/スプーンの販売と、
松江「objects」の店主・佐々木創さんが蒐集めたスパイスの効いた古民藝をお楽しみいただけます。
—————————–
【参加窯/作家】
伊藤丈浩
小代焼ふもと窯 井上尚之
大沼道行
齊藤十郎
佐々木康弘
田村窯
樂久登窯 西村昌晃
前野直史
安土草多
大久保ハウス木工舎
菊地流架
松崎修
miyazono spoon
objects 佐々木創(古民藝)
—————————–
【イベント】
●「民藝咖喱食堂」
9/9(土)、10(日)12:00~19:00
*カレーがなくなり次第終了いたします。
民藝運動の中心人物である柳宗悦の夫人の柳兼子が、バーナード・リーチの助言をもとに作られたという「白樺派カレー」をオリジナルレシピで、フードスタイリストの中山暢子さんに再現していただきます。
毎回人気の伝説のカレーを参加作家のうつわでお楽しみください。
●「中目黒咖哩食堂」
9/16(土)、17(日)12:00~19:00
*カレーがなくなり次第終了いたします。
カレー通を唸らせると評判の中目黒「café RED BOOK」に、今年も垂涎のカレーを作っていただきます。
—————————–
【作家在廊日】
9/9(土)
齊藤十郎、松崎修、miyazono spoon 宮薗なつみ、objects 佐々木創
9/10(日)
佐々木康弘、objects 佐々木創
9/16(土)
miyazono spoon 宮薗なつみ、樂久登窯 西村昌晃
9/17(日)
樂久登窯 西村昌晃

2016.06.24 Fri

いよいよ明日から!6/25(土)〜7/3(日)「硝子の仕事 安土草多×陶の仕事 山田洋次」

いよいよ明日の6/25(土)から7/3(日)にかけて「硝子の仕事 安土草多×陶の仕事 山田洋次」展が始まります。topPhoto by Naoto Takano
甘雨を受けて繁茂する夏草の躍動。
つくるよろこびを感じ、
使うよろこびを得る。
はじめての組み合わせの2人展。お二人とも、楽しんで作られている雰囲気がびしびし伝わってくる展示です。
あたらしいかたちも沢山届いております。
「今」の2人の仕事を是非見にいらしてください。
では展示の様子を。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAエントランスは安土さんは花器を中心に、ペンダントライトはアイアンのスタンドに掛けて。(こちらも販売しています。)山田さんは鉄釉の黒シリーズと今回色々なサイズで届いている両手付きのオイル壺やカトラリーポットを。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA今回お二人とも沢山届けて下さったので、所狭しと並んでおりますよ!安土さんのペンダントライトも、いつもよりもましましで吊っております。新しい型も増えておりますよ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA山田さんはSMLだとスリップのイメージが強いですが、今回は黄釉のシリーズも色々な種類が届いています。
スリップウェアと組み合わせてもはまりますよね。
安土さんOLYMPUS DIGITAL CAMERAグラスは本当にいろいろ届いていますが、中でも八角シリーズはサイズや形が豊富です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA女性の飲むときの喉のラインが見たい!というコンセプトで作られた細長いビールグラスも。
ビール以外もスパークリングワインなど泡のお酒に合います。
安土さんはお酒好きなので、お酒を飲むために作られたグラスが多いです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA例年入荷の数が少ないワイングラスも今回は潤沢にございます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAくびれが特徴的な冷茶グラスはお茶以外もワインやお酒を飲むのにぴったりです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAショットグラス ストレート。この時期冷酒がおいしく飲めるぐい呑みサイズもいろいろありますよ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA人気の面取り酒器も数が揃っております。今回は珍しい色流しのものも。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAお皿系もいろいろあります。
角鉢のこのゆらぎは安土さんならではですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA朝顔みたいなコンポートは2点のみの入荷ですよ〜!
OLYMPUS DIGITAL CAMERAシンプルなモール鉢も。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA蝶ネクタイのような板皿は新しいかたち。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA花器も色々なデザインやサイズがきています。こちらはノーブルな雰囲気の足付き一輪。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA毎回人気の小さい一輪挿しも。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA今回は色流しもいろいろ。おなじかたちでも色が入ると雰囲気が変りますね。こちらは筒茶碗。あとクリアと墨色がございます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらも色流しの八角片口 大、一輪挿し。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAそして安土さんといえば!のペンダントライトも!店内イカ釣り漁船並みに沢山吊っていますよ〜!
ディスプレイしきれないくらい沢山ありますので、選ばれるならこのタイミングがベストです。こちらはE26電球仕様の筒瓶。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらもE26電球仕様の傘。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらはE17電球仕様の球 泡。
同じ形でもクリア、泡、クラックなどバリエーションもいろいろありますよ。
山田洋次さん
イギリスで修行された山田さん。今回はイギリス陶器愛が炸裂しています!
黄釉のシリーズが色々届いています。
使い込まれたような雰囲気が素敵です。また使い込むことで育っていきますよ!
今回届いたうつわはフレンチプレス以外オーブンに入れてお使い頂けますので
、がしがし使ってオイルなどが入って表情が変化していくのが楽しみですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAカップ類はいろいろな形がきています。こちらは掛け分けタイプのマグカップ。
飲み物をいれるものは育ちが早そうです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらはハンドルカップ!字の如く、持ち手がハンドルになっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらはモロッコカップ。モロッコのグラスである形ですね。愛嬌ありますね。
湯呑サイズとぐい呑みサイズがございます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAソバチョコ(納品書がカタカナ表示だったのでそちらに倣って。)も。この時期に欲しい蕎麦猪口は、めんつゆ以外にも、お茶を飲んだり、小鉢として使ったりと活躍しますよ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERAシンプルなかたちのココットは大小ございます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA使い勝手の良さそうなこちらのボウルは大中小の三種類。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAお料理が映えるリム皿も。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA浅めのスープカップはヨーグルトをいれたりなど鉢として使ってもいいですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAハンドルココット。オーブンでアヒージョなど作るのにいいですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA外が焼き締めのポーリングボウルは大中小の三種類。お酒を入れたり、ドレッシングを入れたり、口が広いのでお料理を盛るのにも良いですね。
焼き締めの部分はさらっとした質感で気持ち良いですよ〜
OLYMPUS DIGITAL CAMERAモロッコピッチャーはくびれがあるので、ハンドルがついていなくても持ち易いですよ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAオーバルキャセロールでオーブン料理が食卓に出てきたら上がりますね。
ごちそう感が演出できますよ〜!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA今回両手のオイル壺は同じかたちで小さいものから、超特大サイズまできていますよ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERAそして、山田さん昔から作り続けられているフレンチプレスコーヒーポットも。
サイロみたいなデザインですね。
今回は鉄釉のシリーズも。黒のようなグレーのような茶のような、何とも言えない色がかっこいいですよ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA釉薬の掛かり具合などで表情が変わっているので、是非比べてご覧くださいね。
そしてSMLで山田さんといえばのスリップウェアも沢山届いていますよ。
形も文様もいろいろ。伸びやかなスリップが見ていて気持ちが良いですね。
マットなタイプやアメリカの古いスリップウェアのようなタイプとでまた雰囲気が違います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
写真はほんとうに一部です。他にもいろいろ届いております。
是非直接見にいらしてください。
明日はお昼前には雨も止むようです。
そして初日の明日はお二人とも在廊されますよ!
作家在廊日
安土草多 6/25(土)、26(日)
山田洋次 6/25(土)
そして明日の17:00~はオープニングパーティーを行います。
料理研究家 下条美緒さんによるお料理とお酒を、作り手と共にお楽しみください。
参加費などはございませんので、どなた様もお気軽にお越し下さい。
お待ちしております。
工藝 器と道具 SML

東京都目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル 1F

12:00~20:00  
土日祝は11時 開店になります。

03-6809-0696

www.sm-l.jp

2015.11.18 Wed

いよいよ明日から!11/19(木)〜24(火) JR名古屋タカシマヤ「ニッポンいいもの展」

バナー
明日から始まる
11/19(木)〜24(火) JR名古屋タカシマヤ「ニッポンいいもの展」
今回も松屋銀座「手仕事直売所」に続き、フクギドウさんとご一緒させていただきます。
普段からそれぞれお店でご紹介している作り手の品々を持って名古屋へ参上いたします!
SMLからは
安土草多さん(岐阜)/吹き硝子
岡田崇人さん(栃木)/陶器
後藤竜太さん(栃木)/陶器
七尾佳洋さん(滋賀)/陶器
出西窯(島根)/陶器
会場は10階催事場。
SMLとフクギドウのブースは会場メイン入り口の一番前です。
IMG_0643
IMG_0642
IMG_0663
IMG_0644こんな感じです。かなり広いスペースですね。
それでは準備の様子をご覧ください!
まずは吹き硝子の安土草多さん。
定番のグラスを中心に、ポスターでもフューチャーして頂いたペンダントライトを
ずらずらーーーっと!とにかく沢山持ってきて頂きました!
こんなに種類のある中から選べる機会はそうありませんよ。
IMG_0652IMG_0668こちらはなんと初お目見えのE26型の新作ランプ。定番のものよりも大きいサイズなんです!
これは見にいかないと!!
IMG_0648搬入に来てくださった安土草多さん。
安土さんは21(土)、22(日)在店予定です。是非会いにいらしてください。
IMG_0659こちらは益子の岡田崇人さんの白い象嵌と掻落のうつわ。
今回は使いやすいマグカップやご飯茶碗をはじめ、人気の平皿や楕円鉢、角鉢をお願いしました。
こちらの他にも大きな花器や鉄釉のうつわもございます。
IMG_0656IMG_0654岡田さんと同じ益子から後藤竜太さんにもご参加いただきました。
表情豊かでお料理映えのする飴釉や海鼠釉のうつわです。
こちら以外にも黒釉の切立鉢やマグカップ、大きな花器などのコーナーもお見逃しなく。
益子のお二人は名古屋では初めましての方も多いかもしれませんね。
是非この機会にご覧ください。
IMG_0673そしてこちらは、北海道から滋賀の長浜に作陶の場を移した七尾佳洋さん。
白釉のうつわを中心に、七尾さんといえば!の練込も勿論お願いしました。
七尾さんは21(土)に短い時間ですが在店してくださる予定です。お楽しみに。
IMG_0661こちらは島根の出西窯にお願いをして作ってもらったSML、フクギドウのオリジナルのうつわです。
前回の松屋銀座「手仕事直売所」でお披露目したもので、まだSMLには並んでおりません!
人気のプレートやマグカップ。
湯呑としても使える蕎麦猪口や高さの違う切立鉢。
この季節に大活躍のグラタン皿や植木鉢まで幅広いラインナップです!
ギフトにもピッタリな使い易いうつわ達が揃っていますよ。
是非ともご覧ください。
フクギドウさんからはSMLでの12月の個展も楽しみな前野直史さん、沖縄のやちむん、みなさんお馴染みの
「tamaki niime」さんのショールやお洋服など、こちらも盛り沢山です!
IMG_0647IMG_0646IMG_0650IMG_0649
その他にもお付き合いのあるヨシタ手工業デザイン室、
SMLの本「もっとうつわを楽しむ」で暮らしぶりをご紹介させて頂いた「IFUJI BOX MAKER」の井藤昌志さんをはじめ、人気のショップが多数参加されますよ。
いよいよ明日10時オープンです!!!
会期中は毎日SMLスタッフが在店しておりますので、何なりとお尋ねください。
東海地区の皆さま是非ともこの機会にぜひ遊びにいらしてください!
それでは皆さん、会場でお待ちしております。
JR名古屋タカシマヤHP
http://www.jr-takashimaya.co.jp/event/151119iimono/

1 2 3 4 5